毎日の生活していくために必要、
もしくはレジャーのためのお金が欲しい、
といった感じに融資を受けたい理由は色々あると思いますが、
お金を借り入れる際、
審査に通る必要があるわけですが、
収入や新情報などの審査基準に問題はないはずなのにどういうわけか審査をパスできないという時には、
基礎となる、
申込み方法、
誤字・脱字がないかなどをきっちり見直しておいた方が良いです。
申し込み方法に関してはいくつかあるのですが、
店頭での申込みについては、
郵便番号・現住所・電話番号・勤務先など間違いなく記入してください。
記入漏れがあったとしても店頭なら、
スタッフが指摘してくれますからこの点はあまり気にする必要はないのですが、
記入した項目のなかでも「電話番号」が間違っていたり、
読めなかったりする場合、
業者からあなたに連絡を取れなくなり、
実際にはその他の点で条件を満たしていても、
却下となってしまいます。
当然ながら、
ネットでの申込みも同様です。
従って、
必須項目を丁寧に記入してから、
送信する前に、
記載漏れ、
間違いがないか確認しておきましょう。

ソフトヤミ金

消費者金融または銀行から借金をする場合は、
年収のうち、
3分の1までの借り入れと決まっていて、
これを「総量規制」とといいます。
この総量規制ですが、
消費者金融・銀行などの金融業者の債権未回収を危惧して作られたものではなく、
逆に借り手を保護するために法案化された経緯があります。
借入金額が年収の3分の1を超えると、
ごく普通の生活をしながら返済していくことはかなり難しいということから、
3分の1まで、
と設定されたのでした。
もし、
同時進行的に別の金融会社からも融資してもらっている場合に関しては、
当然、
そこで借りている金額もカウントして、
年収の3分の1までを借りられる限度となっています。

おすすめの記事